Domhnall
Gleeson

ドーナル・グリーソン
(ティム)
1983年、アイルランド生まれ。父親は名優ブレンダン・グリーソン。『ハリー・ポッター』シリーズで注目を集め、2011年のベルリン国際映画祭ではシューティング・スターに選出される。ジョー・ライト監督『アンナ・カレーニナ』などに出演。2015年公開予定の『スター・ウォーズ:エピソード7』に主要キャストの一員として出演が決定して話題に。若手演技派の筆頭として大きな注目を集めている。

Rachel
McAdams

レイチェル・マクアダムス
(メアリー)
1978年、カナダ生まれ。ティーン映画の金字塔『ミーン・ガールズ』(04)に出演して注目を集める。同年『きみに読む物語』の大ヒットで世界的に大ブレイクをはたす。『幸せのポートレート』、『シャーロック・ホームズ』『ミッドナイト・イン・パリ』、『トウ・ザ・ワンダー』、『パッション』などに出演し、変幻自在の演技力で巨匠たちにも愛される。今後はヴィム・ベンダース監督『Every Thing Will Be Fine(原題)』や、キャメロン・クロウ監督作が控えている。

Bill
Nighy

ビル・ナイ
(ティムの父親)
1949年、イギリス生まれ。舞台俳優としてキャリアをスタートさせたのち、テレビ、映画と活躍の場を広げる。大ヒットを記録したリチャード・カーティス監督の『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー賞、ロンドン映画批評家協会賞、イブニング・スタンダード英国映画賞で助演男優賞を受賞。『パイレーツ・オブ・カリビアン』(06、07)シリーズでは船長デイヴィ・ジョーンズ役で出演するなどイギリスきっての演技派俳優。

Tom
Hollander

トム・ホランダー
(ハリー)
1967年、イギリス生まれ。舞台俳優として活動を始め、96年に長編映画デビュー。ロバート・アルトマン監督の『ゴスフォード・パーク』などに出演。ジョー・ライト監督の『プライドと偏見』でロンドン映画批評家協会賞助演男優賞とイブニング・スタンダード英国映画賞ピーター・セラーズ賞を受賞。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『路上のソリスト』などに出演。

Margot
Robbie

マーゴット・ロビー
(シャーロット)
1990年、オーストラリア生まれ。17歳で女優業をスタートし、11年にテレビドラマシリーズ『PAN AM/パンナム』でアメリカデビューをはたして一躍人気に。マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオの相手役をつとめて大ブレイク。今後の公開作に『Suite française(原題)』、『Z for Zachariah(原題)』、『Focus(原題)』など多数控える。

Lindsay
Duncan

リンゼイ・ダンカン
(ティムの母親)
1950年、イギリス生まれ。2002年に舞台「私生活」でトニー賞最優秀女優賞を受賞。近年は、『トスカーナの休日』、『アリス・イン・ワンダーランド』、人気テレビドラマ「SHERLOCK」(14)にもゲスト出演。『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督最新作『ウィークエンドはパリで』(13)の公開を控えている。